2012年12月23日日曜日

Aomori Web Advent Calendar 2012 - 今年1番ヒットだったツール「Minutes」


Aomori Web Adevent Calendar 2012の12月23日担当の岡本と申します。
ラス前担当ですが、早速スタートします。

私の「今年1番ヒットだったツール」は
MacアプリのMinutesです。

■Minutesとは?
指定の時間をカウントダウンして
時間になったら音を鳴らすだけのアプリです。

■さて、きっかけは?
そのツールに至ったきっかけをお話しします。

まず、以下の写真が何だか分かりますか?


これは2012年が始まった頃にFBなどでシェアされた
世界標準を見ろ「ハーバード大学図書館、朝4時の風景」
です。
優秀な人間でさえも寝る時間を惜しんで学習をしている。
これに刺激を受けた私はプリントアウトをして机の上に置きました。

次に、あるセミナーに参加した時に以下のような動画を見せて頂きました。

これはカーネギーメロン大学の教授、ランディ・パウシュが
余命半年と宣告を受けてから行った「最後の授業」の様子です。
短い映像ですが、人の命は有限であるということを実感させられた映像でした。

そこで私が今年心に強く思ったのは、
・人には誰にでも平等に24時間の時間が与えられており、
・人の命は間違いなく有限である
ということです。

■なぜMinutesなのか?
私は1年前に東京から八戸に戻ってきました。
久々の地元でライフスタイルの変化に戸惑いはありましたが、
一番の戸惑いは「時間」についてです。
帰ってきてから、時間がゆっくり流れるように感じました。

要因は様々あると思いますが、これでは時間を無駄に消費してしまうと感じた私は
タイマーを使った1日の予定の予実管理をするようになりました。

特に何のタイマーアプリでも構いませんが、
たまたまそれで使っているアプリが、この「Minutes」になります。

■まとめ
今年の夏に「一歩先行く!ツール活用で制作効率アップ」も行われたように
限られた時間の中で効率良く成果を上げていくことが今の時代に求められている
と思います。
当たり前だけどなかなかできない、そんな方は予実管理をやるだけで全然時間
に関する意識が変わってくると思います。

時間を無駄にするということは、自分の命を粗末にするということ。
自分の命を粗末にすることのないよう、来年も仕事に取り組んで行きたいですね!


・・・さて、12/1から始まったアドベントカレンダーも明日が最後になりました。
最後、工藤さんへバトンタッチします!

0 件のコメント:

コメントを投稿